"緑×人×街 つながる" 中央線からはじまる、新しいライフスタイル

中央ラインモール構想

中央ラインモール構想

沿線価値を総合的に向上させ、「中央線沿線に住みたい」と思っていただけるブランドへ

街がつながる連続立体交差事業(三鷹~立川間、事業主体:東京都)を契機に、緑と文化の溢れる中央線沿線に生まれた高架下空間において人と人、人と街、街と街、過去から未来へ「つながる社会」を創り、心豊かな暮らしの実現を目指します。

「つながる社会」イメージ図

高架化により東西南北がひとつにつながる

線路があることで南北に分断されていた街が中央線の高架化によってつながります。魅力ある回遊空間が駅から高架下に広がることで東西もつながり、その交差点ではコミュニティが生まれます。
中央ラインモールプロジェクトは、駅と駅間の高架下を統一したコンセプトで一体的に開発し、「駅」と「街」をつなげ、「地域の顔としての駅」の魅力をアップさせます。

高架化による街のひろがり

ページトップへ戻る

企業情報

名称 株式会社JR中央ラインモール
所在地 〒184-0004
東京都小金井市本町1-18-10 小金井本町ビル5F
設立 2010年12月1日
資本金 12億3千万円
主要株主 東日本旅客鉄道株式会社(100%)

ページトップへ戻る

お問い合わせ

お問い合わせは、お電話にて承っております。

お電話でのお問い合わせ 042-316-4417 ※受付時間:平日9:30~18:00

ページトップへ戻る