"緑×人×街 つながる" 中央線からはじまる、新しいライフスタイル

採用情報

トップメッセージ

多くの方々に「中央線が好きだ」とおっしゃっていただけるえきづくり、まちづくりを私たちと一緒に進めませんか。

JR東日本グループでは、「グループ経営構想Ⅴ(ファイブ)~限りなき前進~」という中期経営計画を作成しています。
その中で「選ばれる沿線ブランドづくりの先行事例」として、連続立体交差化(三鷹~立川間の地平を走っていた線路を高架化する事業)により生み出された中央線の高架下空間(全長約9km、約70,000㎡)を、沿線自治体によるまちづくりと連携をとりながら一体的に整備・開発する「中央ラインモール」構想を掲げています。

当社は、この「中央ラインモール」構想を実現するために、2010年12月1日にJR東日本の100%子会社として設立されました。当社の事業としては、武蔵境、東小金井、武蔵小金井、西国分寺、国立の5駅の駅と前後の高架下エリアのまちづくりに加え、武蔵境、東小金井、国立の3駅の駅業務を行っています。このエリアは、東京郊外の緑豊かな住宅地であるとともに、大学も多数立地する文京エリアであり、20~30代の方が住民の3割を占めている若い街でもあります。

中央ラインモールの開発コンセプトは、「緑×人×街 つながる」。「緑」は自然豊かな武蔵野の地を、「人」は世代を超えた人々のつながりを、「街」は地元の方々がいままでに築いてきた文化をさらに豊かにするということを、表しています。

私たちは駅業務を中心として社員一人ひとりが地域の取り組みに積極的に参加することで自身が成長し、また地域の人々に愛される店づくりやイベントを重ねることで、街の価値向上に貢献していきたいと思います。

沿線にお住まいの方はもちろん、多くの方々に「中央線が好きだ」とおっしゃっていただけるえきづくり、まちづくりを私たちと一緒に進めませんか。

代表取締役社長 大澤 実紀

代表取締役社長 大澤 実紀

nonowa国立 店舗外観

武蔵境駅 業務風景

募集情報

2018年度新卒採用情報

現在募集は行っておりません

経験者採用情報

現在募集は行っておりません

ホーム整理員・パート社員採用情報

現在募集は行っておりません

ページトップへ戻る