ののわ

東京のまん中にあるライフスタイルを考える

地域の魅力を共有し、
暮らし方や働き方を見つめ直すことで、
この地域ならではのライフスタイルを探っていきます。

参加者募集中

ののわトークセッション

第7回ののわトークセッション公開対談『まちの風景』

第7回ののわトークセッション
公開対談『まちの風景』

日時2014年9月6日(土)16:00~18:00
場所国分寺Lホール
出演団塚栄喜/南雲勝志
進行萩原 修
定員50名(申込先着順)
参加費無料(但し、下記の交流会参加の場合のみ別途「参加費」を頂きます)
申込期間2014年7月20日(日)~2014年9月4日(木)

ののわネットワーク交流会

ののわトークセッション後、交流会を開催します。
参加ご希望の方はお申し込み時に「参加する」にチェックを入れてください。

時間18:00~19:30
参加費1,000円(軽食代)

※こちらのイベントの募集は終了いたしました。

nonowa全体のランドスケープデザインを手がける団塚栄喜さんと、全国を飛び回り、杉の活用や景観のプロダクトを手がける南雲勝志さんが、「まちの風景」をテーマに話をします。

 団塚栄喜さんは、人と自然との関係性をつくりだす仕掛けを考え、商業施設やマンション、大学などの屋外のランドスケープや体験をつくり出すアートワークなどユニークなプロジェクトを数多く手がけています。

 一方、南雲勝志さんは、日本全国の杉の活用を推進しながら、駅や道路や水辺などの風景を構成する家具や照明器具などをデザインしています。

 それぞれの方法で「まちの風景」に関わる二人が、中央線沿線の風景をどのように感じているのか、そして、さらに魅力的なまちにしていくにはどのようなことが必要なのかなど、これまでの経験をふまえて「まちの風景」についていっしょに考えます。

団塚栄喜(だんづか えいき)
ランドスケープ・デザイナー、アースケイプ代表
1963年大分生まれ。桑沢デザイン研究所卒業。環境美術研究所を経て、アースケイプを設立。晴海トリトンスクエア、ららぽーと豊洲など、環境彫刻をバックボーンとした独創的なランドスケープを手がける。
http://www.earthscape.co.jp

ポートレート写真/Photo:Hiroshi Takaoka
写真右/ラゾーナ川崎プラザ
Photo:Koji Okumura (Forward Stroke)

南雲勝志(なぐも かつし)
デザイナー ナグモデザイン事務所代表
1959年新潟県生まれ。東京造形大学卒業。永原浄デザイン研究所を経て、ナグモデザイン事務所設立。宮崎県日向市駅周辺整備、姫路駅北広場など、公共空間の照明、家具デザインを手がける。日本全国スギダラケ倶楽部代表。
http://www.nagumo-design.com/

写真右/行幸通り(照明、ファニチャーデザイン)

ページトップに戻る

nonowa

みんなの「ののわ」

みんなの「ののわ」

二カ月に一度、「オトナリatたちかわ」の楽しみ方

立川の子ども未来センターの芝生広場で、偶数月の第一水曜日にちょっとかわったLIV…

詳細はコチラ >

みんなの「ののわ」

みんなの「ののわ」

スープ・カフェ「なんでもない日」
~温かな思いをスープに込めて~

立川市にある根川緑道は小川の清流に沿って続く約1、3kmの遊歩道で、春には250…

詳細はコチラ >

みんなの「ののわ」

みんなの「ののわ」

「なぜ、こんなに熱中できるんですか?」
~株式会社ヨシリツ「LaQ」イベント編~

7種類のピースから平面、立体、球面へと発展する、シンプルで奥深い面白さがファンを…

詳細はコチラ >

JR東日本:東日本旅客鉄道株式会社
Suicle(スイクル)
駅から歩くウォークラリー「えきぽ」