ののわ

"ののわ"を巡る旅 エリアマガジン取材記

都会の便利さと自然の豊さの両方を活かしたこのエリアには、歴史と自然と文化を感じる気持ちよい時間が流れています。

フォトアルバム・取材記

2013.10.20
10月20日発行 11月号 バックナンバー

『自分の感覚を信じる』

創刊から早1年。
ネタ切れになるのではと囁かれたこともあったが心配は無用だった。と今だから言える。
月刊はサイクルが早くてスリリング。めまぐるしくもハリのある生活はもうしばらく続く。

  • 人とイキル黄色い鳥器店での撮影は、大分を拠点に活動する角物作家、小代正さんを迎えたイベントの最中に行なわれた。
  • 人とイキル店舗2階部分。いつもの店内とは異なり、小代さんが制作した竹のかごがあちこちに展示されている。
  • 人とイキルキッチン周りにぶら下げられた陶製のバードハウスと、木版手染めのぬいぐるみ、鳥シリーズ(ほかに干支のぬいぐるみもあります)。
  • 人とイキル店内には窯元のもの、作家ものといろいろな器がいっぱい並ぶ。写真は黄色い鳥器店オープン以来の定番、田所照美さんのココナッツ鉢。
  • 人とイキルもったりとして、温かみが感じられる五十嵐元次さんの白磁の器。なにを盛りつけても似会いそう。
  • 人とイキル高橋さんが仕入れの旅で見つけたからくり玩具(非売品)。棒を引いたり押したりして、猿の動きを楽しむ(写真は蕎麦を食べる猿。粉をふるう猿と、めん棒で蕎麦の生地を伸ばす猿もいます)。
  • 街のコトバ西国図書室の外観。以前、店舗として使われていた物件を改装したといい、現在も出入口は当時のガラス戸がそのまま使われている。
  • 街のコトバ自分の大切な本を1冊持ち寄ると、本が1冊借りられるというしくみ。居間にはさまざまなジャンルの本が所狭しと並んでいる。(西国図書室)
  • 街のコトバ本が旅する期間は1~3年。巻末に貼られた「旅の記録」を見れば、自分のお気に入りの本がどんな人の手に渡り、どのように読まれたのかがわかる。(西国図書室)
  • 街のコトバ用途別ではなく、独自のカテゴリー分けでディスプレイする山田文具店。手描きのPOPには、細やかな紹介文が書いてある。
  • 街のコトバこけし柄のマスキングテープ、ミニチュアのこけしが入った郵便セット「通信こけし」など、さまざまな表情のこけしグッズがいっぱい。(山田文具店)
  • 街のコトバ店主の請川さんが直接業者に頼んで仕入れている図書館カード。使う側の想像力をかき立てるグッズが点在しているのも魅力の1つだ。(山田文具店)
  • 街のコトバ西国分寺駅、中央線上りホームにあるミスタードーナツnonowa西国分寺店。店内での飲食はもちろん、ホーム上から気軽にテイクアウトすることもできる。
  • 街のコトバ人気の「ポン・デ・リング」や「オールドファッション」などの各種ドーナツに加え、オーダーを受けてからつくる「できたてドーナツ」もある。(ミスタードーナツnonowa西国分寺店)
  • 街のコトバドーナツ10個入り1,000円、5個入り500円のエクスプレスセットは持ち帰りに便利。パッケージもかわいいので、お土産にも最適。(ミスタードーナツnonowa西国分寺店)
  • 緑とトモニ谷保天満宮本殿裏手にある厳島神社の弁天池。池の水は「常盤の清水」と呼ばれる湧水が源流で、底が見えるほど透明度が高い。湧水は天満宮の外へも流れ出ている。
  • 緑とトモニ天満宮の裏手に出ると、アスファルトの道に沿って湧水が流れている。この小川の流れる方向へ進んでいくと、程なく赤い天神橋が見えてくる。
  • 緑とトモニ天神橋を渡ると、目の前に田んぼの風景が広がる。「天神米」として生産されているもののほか、幼稚園の観賞用田んぼや、小学校の農業体験用の田んぼなどもある。
  • 緑とトモニ太陽の光を浴びながら流れる用水は豊かな生態系を育むと同時に、美しい景観をもつくり出している。
  • 緑とトモニ東京とは思えない田園風景が広がる。谷保地域では、9月中旬くらいから随時稲刈りがはじまるという。
  • 緑とトモニ田んぼと畑が混在する谷保地域。天神米の生産農家は野菜も栽培し、JA富士見台駐車場や北市民プラザなどの直売所で販売も行なっているので、ぜひ足を運んでみて。

ページトップに戻る

3月20日発行 4月号
2014.03.20
3月20日発行 4月号

『居心地のいい場所』

2月20日発行 3月号
2014.02.20
2月20日発行 3月号

『アイデアを育てる』

1月20日発行 2月号
2014.01.20
1月20日発行 2月号

『地元を盛り上げる』

12月20日発行 1月号
2013.12.20
12月20日発行 1月号

『ハッピーが広がる』

11月20日発行 12月号
2013.11.20
11月20日発行 12月号

『創造的な暮らし方』

10月20日発行 11月号
2013.10.20
10月20日発行 11月号

『自分の感覚を信じる』

9月20日発行 10月号
2013.09.20
9月20日発行 10月号

『出会いを大切にする』

8月20日発行 9月号
2013.08.20
8月20日発行 9月号

『歩いて発見する』

7月20日発行 8月号
2013.07.20
7月20日発行 8月号

『犬と暮らす街』

6月20日発行 7月号
2013.06.20
6月20日発行 7月号

『人と自然のいい関係』

5月20日発行 6月号
2013.05.20
5月20日発行 6月号

『街を知って好きになる』

4月20日発行 5月号
2013.04.20
4月20日発行 5月号

『日常を旅する』

3月20日発行 4月号
2013.03.20
3月20日発行 4月号

『地域で循環する』

2月20日発行 4号
2013.02.20
2月20日発行 4号

『散歩のいいところ』

1月20日発行 3号
2013.01.18
1月20日発行 3号

『共有する楽しさ』

12月20日発行 2号
2012.12.20
12月20日発行 2号

『自分の拠点をつくる』

11月20日発行 1号
2012.11.20
11月20日発行 1号

『「むさしののわ」はじまる』

nonowa

みんなの「ののわ」

みんなの「ののわ」

二カ月に一度、「オトナリatたちかわ」の楽しみ方

立川の子ども未来センターの芝生広場で、偶数月の第一…

詳細はコチラ >

みんなの「ののわ」

みんなの「ののわ」

スープ・カフェ「なんでもない日」~温かな思いをスープに込めて~

立川市にある根川緑道は小川の清流に沿って続く約1、3…

詳細はコチラ >

JR東日本:東日本旅客鉄道株式会社
Suicle(スイクル)
駅から歩くウォークラリー「えきぽ」