ののわ

"ののわ"を巡る旅 エリアマガジン取材記

都会の便利さと自然の豊さの両方を活かしたこのエリアには、歴史と自然と文化を感じる気持ちよい時間が流れています。

フォトアルバム・取材記

2013.08.20
8月20日発行 9月号 バックナンバー

『歩いて発見する』

ネタ探しに街歩きは欠かせない。ネタは鮮度が命。
諸事情で突然なくなるお店もあるから、何度か出向いて確認する必要がある。うっかりできない。
自分の頭のなかに描いた地図は、つねに更新されていく。

  • 人とイキル絵本・児童書専門店「絵本とおはなし おばあさんの知恵袋」。ほぼ毎月、言葉と音楽のコラボレーションライブを開催している。
  • 人とイキル多田さんに誘導してもらい、国分寺モリタテ会おすすめの散策ルートを歩く。元町通り付近まで行くと農家が点在し、土蔵や竹林が残る武蔵野らしい風景が楽しめる。
  • 人とイキルギャラリーウノヴィックから歩いて間もなく、清水川(元町用水)のせせらぎが聞こえてくる。螢が生息し、6月末には鑑賞できるという。
  • 人とイキル国分寺市プレイステーション。子どもたちの遊びを手助けするプレイリーダーが常駐する、全国でも珍しい「冒険遊び場」で、視察に訪れる人も多い。
  • 人とイキル敷地内には鍋小屋、カフェスペース、工具室、陶芸小屋、雨が降っても遊べるこども部屋などが点在する。(国分寺市プレイステーション)
  • 人とイキル撮影当日は親子連れが大勢遊びにやってきて、みんなでお昼ごはんをつくっていた。野外の活動に親は大らかな気持ちになり、子どもたちものびのびと遊んでいた。(国分寺市プレイステーション)
  • 街のコトバキィニョン国分寺本店。店内にはパンでつくられたかわいいオブジェがあちこちに飾られていて、まるで絵本の世界にいるようだ。
  • 街のコトバカフェスペースには、乳幼児連れでも楽しめるように、絵本が並んでいる。毎月1回絵本の読み聞かせ会も行なっている。(キィニョン国分寺本店)
  • 街のコトバキィニョンのパンは種類が豊富。人気のスコーンや焼菓子もあり、贈りものにも喜ばれること請け合い。
  • 街のコトバ国分寺マンション地下1階にある洋菓子舗 茂右衛門店内。年代を感じさせる生活道具を陳列台として再利用。ほとんどが店主の実家で実際に使われていたものだ。
  • 街のコトバ洋酒がたっぷり染み込んだ味わい深いサヴァランはお店の定番の1つ。男性にも人気が高い大人の味だ。(洋菓子舗 茂右衛門)
  • 街のコトバ“和”を感じさせる洋菓子舗 茂右衛門の店構え。向かって左隣りは「絵本とおはなしの店おばあさんの知恵袋」。
  • 街のコトバ中央線下りホームにあるPLATFORM CAFE。待ち合わせや、ちょっと一息入れたいときに重宝する。店内から電車がホームに入ってくるのが見えるので、乗り遅れる心配もない。
  • 街のコトバテーブルの仕切りボードに描かれているのは西国分寺出身のゆるキャラ「にしこくん」。「地域の人に気軽に立寄っていただけるカフェでありたい」とショップマスター・筒井さん。
  • 街のコトバ木と石を基調とした店内は分煙型の空間構成。温かみのあるウェスタンヴィレッジをイメージして設計されている。(PLATFORM CAFE)
  • 緑とトモニ約600種類のモミジやカエデを生産・販売している司メープル。モミジとカエデに特化した植木農家は珍しく、全国各地からファンが訪れる。
  • 緑とトモニ現在の園主、田中豊さんが実家の手伝いをはじめたのは昭和40年ころ。その時、すでに先代は80種類ほどのモミジとカエデを収集・栽培していたという。
  • 緑とトモニ自然交配で生まれた司シルエットは枝が横に広がらず、上に向かって伸びる立ち姿が特徴だ。
  • 緑とトモニ「かねてから、植木の“国分寺ブランド”をつくりたいと思っていたんです」と田中さん。現在、司シルエットは毎年2000本ほど接ぎ木しながら増やしているという。
  • 緑とトモニ圃場(ほじょう)にあるビニールハウス内でも、さまざまな品種を育てている。
  • 緑とトモニ「一時の流行に左右されないのが日本古来の樹のいいところです」と田中さん。手入れが楽な司シルエットの需要は国内外を問わず、年々高まっているという。

ページトップに戻る

3月20日発行 4月号
2014.03.20
3月20日発行 4月号

『居心地のいい場所』

2月20日発行 3月号
2014.02.20
2月20日発行 3月号

『アイデアを育てる』

1月20日発行 2月号
2014.01.20
1月20日発行 2月号

『地元を盛り上げる』

12月20日発行 1月号
2013.12.20
12月20日発行 1月号

『ハッピーが広がる』

11月20日発行 12月号
2013.11.20
11月20日発行 12月号

『創造的な暮らし方』

10月20日発行 11月号
2013.10.20
10月20日発行 11月号

『自分の感覚を信じる』

9月20日発行 10月号
2013.09.20
9月20日発行 10月号

『出会いを大切にする』

8月20日発行 9月号
2013.08.20
8月20日発行 9月号

『歩いて発見する』

7月20日発行 8月号
2013.07.20
7月20日発行 8月号

『犬と暮らす街』

6月20日発行 7月号
2013.06.20
6月20日発行 7月号

『人と自然のいい関係』

5月20日発行 6月号
2013.05.20
5月20日発行 6月号

『街を知って好きになる』

4月20日発行 5月号
2013.04.20
4月20日発行 5月号

『日常を旅する』

3月20日発行 4月号
2013.03.20
3月20日発行 4月号

『地域で循環する』

2月20日発行 4号
2013.02.20
2月20日発行 4号

『散歩のいいところ』

1月20日発行 3号
2013.01.18
1月20日発行 3号

『共有する楽しさ』

12月20日発行 2号
2012.12.20
12月20日発行 2号

『自分の拠点をつくる』

11月20日発行 1号
2012.11.20
11月20日発行 1号

『「むさしののわ」はじまる』

nonowa

みんなの「ののわ」

みんなの「ののわ」

二カ月に一度、「オトナリatたちかわ」の楽しみ方

立川の子ども未来センターの芝生広場で、偶数月の第一…

詳細はコチラ >

みんなの「ののわ」

みんなの「ののわ」

スープ・カフェ「なんでもない日」~温かな思いをスープに込めて~

立川市にある根川緑道は小川の清流に沿って続く約1、3…

詳細はコチラ >

JR東日本:東日本旅客鉄道株式会社
Suicle(スイクル)
駅から歩くウォークラリー「えきぽ」