"緑×人×街 つながる" 中央線からはじまる、新しいライフスタイル

nonowaについて

nonowaについて

「緑×人×街 つながる」 - 武蔵野の「わ」からはじまる、あたらしいエキ、まちプロジェクト『nonowa』

武蔵野と東京を結ぶ中央線。その中央線の魅力をさらに向上させるプロジェクトが西国分寺から始まります。そのプロジェクトは、豊かな自然や、個性豊かな文化とエキ・まちとをつなぐ、「武蔵野のわ『輪・和』になりたい」という願いを込めて『nonowa(ののわ)』と名付けられました。

わたしたちは、「緑×人×街 つながる」をコンセプトに、豊かな自然環境の環(わ)、人の輪、心の輪、会話の輪、そして地域とエキとの和…
さまざまな「わ」がつながる社会づくりを進め、心豊かな暮らし、住みよいまちづくりを目指して、想いをカタチにしてゆきます。

『nonowa』のロゴマークの由来

『nonowa』のロゴマークは、武蔵野の土の上に育つ緑、流れる豊かな水を表しています。中央線の各地域文化を特徴づける「土・水・緑」のそれぞれを武蔵野3原色と位置付け、『nonowa』が大切にしているさまざまな「わ」がつながり、重なるイメージをもとに作られました。

また、「心豊かな暮らしを実現したい」というプロジェクトの願いから、マーク全体を柔らかなハートの形で表現しています。

地域のみなさまにも親しんでいただけるよう、わたしたちの想いをたくさん詰め込んだこの『nonowa』のロゴマークを、どうか可愛がってください。そこから生まれる新たな『わ』、無限の『わ』を、わたしたちは信じています。

nonowa

ページトップへ戻る